上勝町のリサイクルエコライフ


四国の小さな町、上勝町が国内のリサイクル率のトップ。


「34分別」から始まり『42分別』まで進んでいるようです。



2000人という人口が可能にさせるのか、もあるとしても
まず事実ありきで考えたいことです。

上勝町はウィキペディアにも掲載されるようになりました。

  ≫「ウィキで上勝町を読む」



この上勝町は、『きれいな葉っぱ』が取れるところとしては知っていました。
町のおばあちゃんたちが、山や野で採ってくる
もみじや山菜などが人気で「彩(いろどり)事業」として成立しました。

これからの、ロハスライフ・エコライフ・リサイクル事業を考える上で参考にしたい例です。

株式会社彩(いろどり)は、第三セクターで始まりました。
各家庭にあるFAXと町の防災無線を使ったネットワークで、100ケースの
緊急注文にも1時間で応えられるそうです。

「葉っぱ!?」
「そんなものが金になるんかぃ!?」

と言われた初年度こそ120万円足らずだった売上げが2億5千万円に達しています。


 ≫「葉っぱを宝に変えた町」株式会社彩


活気付いた町のネットワークも手伝って、ごみリサイクル運動も浸透し
32分別という未踏の挑戦から始まったのも凄いですが、さらに42分別まで進んでいます。

遠方の車の無いお年寄り宅には、委託でメーターチェックをしているおばちゃんが、
それぞれの家庭を回って代理回収。

以前は「野焼き」中心だったごみ処理も、
今はほとんどの家に生ごみ処理機が設置されているので、
「汚い・臭い」元となるゴミがありません。

弁当のアルミ皿も分別されています。
年間3000万円だった町の処理費が800万円程になり、経済面での
効果もあると各自治体からも見学者が多いとか。
隣町へも波及し、削減分の財源を児童医療費負担へまわすなど財政にも
変化がおきているようです。


生ゴミ処理機。
それ程重要性を感じていませんでしたが、このような関連でリサイクル
していくと、想像していない効果が生まれるのだと感心しました。


 彩(いろどり)が受け入れられる訳。

「きれいな所で採れた葉っぱやから、きれいにしておかないとね。」

サスティナビリティーの良いお手本としたいものです。


この記事へのコメント
生ごみ処理機
Posted by 生ごみ処理機 at 2007年12月09日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 14:48

助かった。。
Excerpt: u9tbwQ3c ヤリまくったら500マンなんか一瞬やったわぁ〜ww てぃんてぃん腫れたけど、デカくなったし別にええわw http://wiiwi.net/yutori/u9tbwQ3c/u9tbwQ..
Weblog: 借¥地獄から脱出
Tracked: 2008-03-09 20:19
RSSアフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。