ゲーテッド・コミュニティー


コミュニティーというよりはエリアとかゾーンなのでしょうが、80年代からアメリカでふえているという住宅地区のこと。

治安の維持や交通安全のために建物の敷地全体を塀やフェンスで囲った住宅エリア。

超高級住宅地や退職者住宅だけではなく、中流層向けに開発されているものも多くなってきているようです。

これが、地域のコミュニティーの分断につながるのではないか、という批判がある一方、居住者の自治・自警意識を高める効果もみこめるという考えもあるらしいですが、日本でこの意識がどこまで一般化するかは今後の動向を見守る必要があるでしょう。

地域社会というものを考えた時、ある一定のアリアだけが「ゲート化」されているのはどうなのでしょうか。

都市部と郊外では、治安や交通事情も違います。

昨今の犯罪事情等を考慮すると、自分達の安全は自分達でも守るという意識は必要でしょうが隔離されてしまうような感覚もあるので風土文化にあった日本版ゲーテット・コミュニティーにアレンジする方法が待たれます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSSアフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。