いっしょにねんね、胎内音を再現するCD付きぬいぐるみ


胎児は生後4ヶ月頃まで胎内で聴いた音を覚えているといいます。

その音を聴くとリラックスするようになるのだそうです。

ぬいぐるみの中に、その音を再生する機能をつけた玩具ができました。

新生児を寝かしつけを助けるぬいぐるみで、タカラトミーとビクターエンタテイメントの共同開発。ディズニーのキャラクターでお母さんにも人気のよう。


「胎教」という言葉が定着したように私たちは生まれてくる前から、何らかの音を聴くことを覚えます。

音楽の世界でも、血がそうさせるとかDNAがどうだとか言われますが、所詮それは環境のことであって、環境が変われば狼に育てられればジャングルの音が落ち着くのでしょう。


そんな自然の摂理や時間を過ごしているわけにはいかない日常生活でも、子育てを支援していく社会にしていかなければなりません。

次世代とは、常にその時代の次の世代の事であって、私たちの子供たちという簡単な幅ではありません。


次に繋いていく者たちへ、それを引継ぐ者たちへと継続していく

母親にも赤ちゃんにも少しでもストレスが残らないような子育て支援があるとありがたいですね。
もう随分前になってしまいますが、確かにあの頃はたいへんでしたから。。。

「いっしょにねんね」ディズニー・ベビートイ「ミニー」↓


「いっしょにねんね」ミッキー 2007年2月



★楽天検索「いっしょにねんね」★




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSSアフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。