日本のロハスはおせち料理、料理は世界のロハスをみつけれらる


日本のおせち料理はロハスな食べ物の代表選手たちです。

古来の調理方法を知ることは、その国の文化を知ることにもなります。
最初の目的は保存、そして調味へ。食文化の変遷は住居にも影響を与えてきました。
今や「かまど」などは外食の入り口の方がお目にかかる確率が高いくらいですね。

おせち料理だけでなく、最近はメタボリックシンドローム予防などでからだに優しい料理が求められていますが、その基本になる素材をまとめて「まごはやさしい」といわれます。

これは、それぞれの食材の名前の文字をとった覚え方。

豆、ゴマ、ワカメ(海草類)、野菜、魚、椎茸(茸類)、芋の順。


思い当たる素材が、おせち料理にもいくつもありました。

★⇒各国のおせち料理。★


色々な国の料理は見るだけでも参考になりますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27782949

この記事へのトラックバック

【御節料理特集!!】special
Excerpt: もうすぐお正月ね!! そういえば、おせち料理どうしようかしら? そんなことで、色々ハナがさがしてみたわょ! いかがかしら? ●【御節】おせち料理とは● タイトルのとおりおせち料理とはに..
Weblog: グルメを取り寄せ!!独り占め!!
Tracked: 2006-11-22 14:34

ロハスの意味:日本におけるロハス
Excerpt: 日本では、『ソトコト』がロハス特集を組むなど、メディアの取り上げたことで ロハスが急速に広まっていきました。 日本でも、前回「ロハスの意味:アメリカにおけるLOHAS」で取り上げた NMIと同様の調..
Weblog: ロハス(LOHAS)~意味と価値について考える~
Tracked: 2006-12-01 16:24
RSSアフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。